Dec 27, 2009

Van Cleef & Arpels,the Spirit of Beauty exhibition

改めて書くといってから、数週間。森アーツセンターギャラリーで開催中のヴァン・クリーフ・アーペル展、興味のある方はお急ぎください。1/17で終了です。印象に残っているものを並べてみました。中でもナンバー1は、ジップネックレス!見せかけのデザインでなく、きちんとジップの機能を持ち合わせているのです。ジップネックレス以外の画像は全て、公式HPより。

AH1_VAN07_PE_CO_BIG

Zipper necklace in Spirit of Elegance.
1950年に誕生。タッセルフリンジを上にスライドさせ閉じるとブレスレットに変貌。高級ジュエラーからこんな斬新なアイデアが生まれていたとは!

van_cleef_arpels_snowflake_clip
Snowflake clip, 1948 in Spirit of Nature.

van_cleef_arpels_mystery_set_wild_rose_minaudiere
Mystery Set Wild rose Minaudiere, 1938 in Spirit of Elgance.

van_cleef_arpels_curl_minaudiere
Curl Minaudiere, 1935 in Spirit of Elegance.
(以下パンフレットよ引用)メゾンの知名度と名声の向上に貢献した高級メノディエールの誕生は1930年。クラスプは取り外して襟を飾るクリップとしても着用可能でした。腕時計、口紅、メイク用品、ダンスカード、シガレットホルダー、オペラグラス、パウダーコンパクト、ライター、ピルケース、キャンディボックス、ハンカチケース、小銭入れなど、夜の外出時の必需品を収納することができました。カバーの内側には鏡が付いており、こっそりと髪や化粧を直す時に重宝しました。

van_cleef_arpels_bow_clip_p

van_cleef_arpels_lace_clip
Lace clip, 1945 in Spirit of Elegance.

van_cleef_arpels_buddha_clip
Buddha clip, 1927 in Spirit of Adventure.
(以下パンフレットより引用)1920年代、メゾンの創造性は、様々な方向へと進化しました。エジプトおよびインドからの影響に加え、中国や日本の宗教的シンボルに由来するモチーフから着想を得た図柄も登場するようになりました。中でもブッダは、メゾンが長年にわたりインスピレーションを受けてきた存在のひとつです。

正直、最近発表されているラインに興味を持っていなかっただけに、歴代発表されてきたジュエリーたちの斬新さに驚かされた、というのが正直なところで、とても楽しめました。「ミステリーカット」や、「ジップ ネックレス」は他では見たことがない技巧を知れたこと、それに何よりも展示の構成が素晴らしかった!最後の展示室で流れていたムービーでコメントがあったけれど、宝石を楽しむ2つの要素「見る」「身につける」を来場者に体験させてしまう空間デザインを担当したPatrick Jouinに興味を持ちましたIncarnationsのコーナーは、1セット入るごとにワクワクします。私のようにVan Cleef & Arpels知らない方でも充分楽しめる展覧会でした。





Dec 13, 2009

exciting Tokyo night with Mom.


昨日の外出先は、やっぱり東京ねー、と母を感動させた、広尾と六本木。 母の憧れのスーパーだというNATIONAL AZABU SUPERMARCKETに寄り道しつつ、旧仏大使館で開催中のアートイベント「No Man's Land」に行ってきました。
IMG_10007
季節柄?はたまた定番商品?丸々のTurkeyを発見。値札は英語と日本語両方の記載がありました。
IMG_10004
2Fは本と雑貨フロア。プラスチックのワイングラスは日本のスーパーじゃ見たことないわ。
IMG_10005
スーパーから10分ほど歩いていると左手に紙を組み立ててペイントを施したアーチが出現。ん? なんとなく学園祭のノリ?・・・
IMG_10008
IMG_10010
これは作品ではなく、旧本館のエントランス。設計はジョゼフ・ベルモンというお方だそう。
わざわざ広尾まで来たのですが、別館の芸大展から見てしまった私たちは難解な作品たちに途中でギブアップ。家に帰ってから本館の参加artistを知ってがっかり。SANAA、松井えり菜、伊勢谷友介が手がけたカフェ、と見たい展示は全て見ていない…。興味のある方はこちらのページへ

不完全燃焼で向かった六本木ヒルズでは、ジュエリー好きの母が見つけた「ヴァン・クリーフ&アペール展」へ。完全に行き当たりばったりだったのですが、これが素晴らしかった!詳細は改めて書きたいと思います。夕食は5Fの「RIGORETTO」へ。カウンターで母と二人、美味しいantipastと共にビール、ワイン…とても賑やかな上、立ち飲みだったにも関わらず楽しんでくれました。
IMG_10011
お腹を満たした後はほろ酔い気分でけやき坂へ。何度見てもきれい!奥には「ダイヤモンドヴェール」に身を包む東京タワー。金〜日の20:10〜22:00限定のライトアップのようです。
IMG_10014
そして勢い余ってミッドタウンのイルミネーションもはしご!奥の並木に施されているのは、パリのシャンゼリゼ通りの再現だそう。
IMG_10040

屋外の会場だけでなく館内の吹き抜けに飾られていた全長17mの和紙でできたシャンデリアも必見です。
IMG_10042

Dec 12, 2009

escape!


やっと抜け出しました。1日1食の生活から。帰宅が翌日の朝…そんな無理のある生活から。なんてすがすがしいんだろう! 笑って仲間とお酒が飲めることって素晴らしい、と感じた金曜の夜。でも多忙な日々こそリフレッシュすることが大事。今回、しみじみ感じたことです。自宅から駅までの道に、ちょっと遠回りになるけれど、公園沿いを通る、この時期は紅葉がきれいな道があります。

写真 2

この日は土曜のお昼頃だったから人通りも多く、ランニングをする人、暖かそうな格好をして散歩を楽しむ夫婦、今日ばかりはとお父さんにくっついて離れない女の子…自分とは対照的にとても和やかな人たちの時間に触れることができ、ふっと心が軽くなりました。

写真 1

そう久しぶりの道の出口にはこんなかわいい保育園ができていたり。ほのぼの。たった5分、いつもと違う道を通るだけでリフレッシュができる。それだけ心がキューキューに縮んでいたようです。

写真 3


今日はこれから母と美味しいものを食べにおでかけしてきます。